キレマッスルには注目の筋トレサポート成分HMB以外にもいろんなプラスアルファが配合されています。オルニチン、コラーゲンペプチド、グルタミン…。

他にも色々あるのですが、今回はその中でも「クレアチン」に注目してみたいと思います。

クレアチンも筋トレに有効な成分の一つ。わざわざサプリで摂っているというアスリートやトレーニーの方も多いと思います。

ではクレアチンは実際どんな働きをするのでしょうか?詳しく見てみましょう!

クレアチンの基礎知識

クレアチンはアミノ酸の一種で、アルギニン、メチオニン、グリシンという3種類のアミノ酸から体内で合成されます。さらに「ATP(アデノシン三リン酸)」と結びつくことでクレアチンリン酸に変換され、筋肉のエネルギー源として貯めこまれます。

クレアチンは体内でアミノ酸から合成されたり、食べ物からも摂取できます。しかし普段の食事から摂れるクレアチンはそれほど多くありません。

そこでクレアチンをサプリなどで補うことで、体内にクレアチンリン酸を多く貯めこみ、より強力なパワーを発揮するためのエネルギーを貯蔵することができるのです。

クレアチンの効果

クレアチンは筋トレなどの無酸素運動を行う時に迅速にエネルギーを作り出すことができます。ダッシュする時やバットやゴルフクラブを思い切りスイングする時など強い力が必要な際にクレアチンリン酸がエネルギー源となります。

また、瞬間的なパワーを発揮できるだけでなく、さらにそのパワーの持続性を上げてくれる効果もあります。クレアチンを摂取することでランやスイムのタイムが縮まったというような研究結果もあります。さらに疲労回復効果もあるので、持久力アップにも効果的です。

またクレアチンは筋肉中に水分を溜めこむ性質があります。そのため筋肉が伸ばされ、筋肉が太りやすくなり、除脂肪体重が増加する効果も期待できます。もちろんクレアチンそのものが筋肉になるわけではないので、あくまでも筋肉を肥大させるサポート役です。しかしエネルギーを持続して筋肉に供給できるのでトレーニングもより高度になりますし、結果的に筋肥大に貢献してくれます。

クレアチンの摂取方法

先にも述べた通り、クレアチンは食べ物からも摂取できますが筋トレ目的で摂るならサプリで補うのが一般的です。

市販のクレアチンはパウダー状のものが多く若干飲みづらいですが、プロテイン飲料に混ぜたりしてトレーニングの前後に摂取すると効果的です。

キレマッスルにもこのクレアチンが含まれていますし、さらにキレマッスルは粒状なので飲みやすくなっています。もしパウダーやシェイクが苦手であれば、キレマッスルで補いましょう!

摂りすぎによる副作用は?

クレアチンは食品にも含まれる成分です。基本的に摂りすぎて体を壊すといった副作用のようなものはありません。

普段の食事にプラスして、キレマッスルやプロテインなどでクレアチンを補っても、体調を崩すような深刻な副作用はほぼ無いでしょう。

人によってはトイレに行く回数が増えたり筋肉がつりやすくなったりする人もいるようです。

まとめ

キレマッスルに含まれるクレアチンについて簡単に調べてみましたが、トレーニングをしている者にとってかなり役に立つスグレモノであることがわかりました。

キレマッスルは吸収率なども考慮して他にも様々な成分が含まれています。クレアチンもただ摂るだけでなく効果的に体内に吸収されるように意識したいですね!

>>キレマッスル公式サイトはコチラ