広告や公式サイトではキレマッスルのいいところばかり宣伝しているけど、実はデメリットもあるのでは?

そんな風に気になる方も中にはいらっしゃると思います。

また、筋トレの効果アップが期待できる成分が凝縮されているのは嬉しいけど、それを飲むことによる副作用などはないのか、体に毒になることはないのかという点も気になりますよね。

そこで、今回はキレマッスルのデメリットを探り、ご紹介したいと思います。

キレマッスルを飲むことにデメリットはあるか

まず第一に、キレマッスルを「飲むだけで筋肉がつく」とか「飲むだけで引き締まる(痩せる)」と認識してはいけません。

キレマッスルはあくまで、筋トレの効果を引き出すサポート役。飲むだけでは筋力はつきません!ですので、筋トレを欠かしてはいけないのです。

キレマッスルを飲みながら筋トレをしなければ効果はあがりませんので、もし筋トレが苦手、運動がメンドクサイと思っている方にとっては、「筋トレをしなければ意味がない」という点がデメリットになるでしょうか。

筋トレが苦手な方でも、軽い腹筋や腕立てをするなどの意識を持つ必要があるでしょう。

キレマッスルは筋トレ効果をアップさせてくれるサプリですので、そうした軽い運動でも普段より筋肉に効いてくるはずです!

上のことからわかるように、どの部位の筋トレをどれだけ行ったかによりキレマッスルの効果の現れ方は違ってきます。

たくさん筋トレや運動を行ったらその分早く、大きな変化を感じる可能性があります。一方、軽い運動しかしなかった場合や運動の頻度があまり多くない場合など、効果が現れるまでに時間がかかることもあるでしょう。

このように「効果が出るのに個人差がある」という点も、デメリットかもしれませんね。

キレマッスルの副作用はあるのか

一般的に、副作用があるものは医薬品に分類され、販売などが厳しく管理されます。

キレマッスルはサプリメント(栄養機能食品)であり、医薬品ではありませんので、副作用の心配はありません。

ただし用量を守らずに過剰摂取するのは胃腸に負担がかかるなど健康を損ねる可能性もありますので、必ず1日の摂取量を守りましょう。飲めば飲むほど効果があるという訳でもないので焦らずに!

もし特定の食品アレルギーのある方は、原材料を確認したりかかりつけ医に相談したりするなど、注意が必要かもしれません。

飲んでみて体調に異変を感じた場合は、飲むのを中止して医師に相談してください。

キレマッスルのデメリットまとめ

いかがでしたか?キレマッスルのデメリットや副作用の有無をご紹介しましたが、参考になったでしょうか。

キレマッスルは飲むだけで筋肉がつくと思っていた方は残念ながら、そういうサプリではないのですね。

それでもキレマッスルにはHMBが1800mgも配合されており、これは一般的なプロテイン飲料10杯分以上に相当する高い配合率となっています。

ちょっとした筋トレでも最大限に効果を引き出してくれることが期待できますので、これを機に始めてはいかがでしょうか!

>>キレマッスルの効果等、詳細は公式サイトで!