筋肉トレーニングによって筋肉量をアップさせたい、効率よく筋肉を付けたいと考えている人ならば、まず思いつくのはプロテインの飲用ですよね。

プロテインとはタンパク質のこと。筋肉の主原料ですから摂取することで筋肉がつきやすくなるというわけです。

ところが最近では、このプロテインに含まれる筋トレサポート成分「HMB」が注目されており、プロテインの代わりにHMBを配合したサプリを飲む人が増えているんです。

このHMBという成分はしばらく前から海外で話題になり、日本ではようやく2010年に食品として販売が開始されました。

そんなHMBがふんだんに配合されたサプリで今プロのトレーナーやボディメイクの専門家たちが大絶賛しているのが「キレマッスル」。

ではキレマッスルさえ飲んでいればプロテインは不要なのでしょうか?キレマッスルはプロテインにとって代わるサプリになるのでしょうか?

キレマッスルとプロテインの違い

キレマッスルの主成分であるHMBは、筋肉量が増加する(筋肥大)、ついた筋肉が落ちにくくなる、筋トレによって疲労した筋肉が早く回復する、などの効果が期待できる成分です。

このHMB、実はプロテインからも摂取できます。とはいっても、プロテインからHMBを摂取するのは非常に効率が悪いんです。

なぜならプロテインからアミノ酸が生成され、アミノ酸のひとつ「ロイシン」からHMBが生成され…という過程を待たねばならず、さらに生成される量はほんのわずか。

プロテインからキレマッスル同等のHMBを摂取しようと思ったら、10杯以上はプロテインを飲用しなければならないでしょう。

ただしプロテインにも「タンパク質を総合的に摂取できる」というメリットがあります。

つまり、プロテインの方が劣っているというわけではないのですが、筋トレの効果アップという点に着目した場合、このHMBに特化したキレマッスルを飲む方が効率がいい、ということになるのです。

キレマッスル OR/AND プロテイン:飲み方は人それぞれ

プロテイン(タンパク質)はそれ単体でカロリーがあるものです。いかに脂質や糖質を抑えた食事をしても、摂取したタンパク質が必要以上に多ければ体はそれを「不要なもの」とみなして脂肪に変えてしまいます。

つまりプロテインは、飲めば飲むほど筋肉がつく、というものではないのです。プロテインを摂った分だけ体を動かさないと、筋肉になるどころかただ太ってしまいます。そのため運動量が少ない人は、むやみにプロテインを飲まない方がいいかもしれません。

キレマッスルは1日分でも約68kcalと、一般的なプロテイン飲料などに比べて低カロリー。

もちろん飲むだけでぼ~っとしていて筋肉がつくサプリというわけではありませんが、プロテインに比べてHMBの吸収効率は優れています。そのため軽い筋トレなどを行うだけでも、プロテインより筋力アップ効果が期待でき、摂取した分が脂肪に変わってしまう恐れは少ないと言えます。

一方、ガッツリ筋トレやボディメイキングをしている!という人はキレマッスルとプロテインを併用するのが理想的でしょう。

キレマッスルでは補いきれないアミノ酸などをプロテインから補給し、筋肉の増強にはキレマッスルを…という使い方をすれば効率的ですので、ぜひ試してみてください!

>>キレマッスル公式サイトはこちら!