世の中には、どうしてあの人が? と、思ってしまうくらいにモテる人がいます。綺麗だから? 格好良いから? もちろん、見た目の良さはモテる要素のひとつではあります。

ですが、異性からモテる理由に「モテるための行動・テクニック」があるのをご存じですか?

今回は、異性からモテるために覚えておくべき内容について紹介したいと思います。

モテるための基本は会話です

異性にモテるためには、まず異性と話ができるようになることが大切です。男は背中で語る、等というのは幻想でしかありません。とにかく、異性に話しかけることから始めましょう。

とはいえ、ナンパしようという意味ではありません。ただ単に喋るだけでいいのです。例えば、買い物に出かけて欲しいものが見つからない時に、同性ではなく異性の店員に聞いてみる。異性と対面すると緊張してしまうという方も、これなら難易度が低いはずです。

レストランの店員さんに、オススメの料理を聞いてみたりするのも良いですね。異性に話しかけても緊張しないように練習すること。これがモテるための最初の一歩です。

物怖じせずに堂々と会話できる人と、緊張で声も出せない人。異性がどちらと会話をしたいと思うかを考えれば、会話の練習がとても大切なことだと理解していただけると思います。

常に清潔感を保ちましょう

常に清潔感を保つのも、異性にモテる上で重要なポイントでしょう。そもそも、不潔な人とは、たとえ同性であってもお近づきになりたくないと考える人がほとんどです。

毎日お風呂に入っているし、洗濯して綺麗な服を着ているから清潔感があると思っている方、それは危険信号です。

いくら洗って清潔な服でも、襟が曲がっていたり、服そのものが皺でヨレヨレの状態では見た目が良くありません。アイロンをかけて皺を伸ばす、時間が無いなら形状記憶シャツを着る等で清潔感をUPさせることができます。

また、髪も単にとかすだけでなく、ワックス等でぴしっと整えるだけで印象が大きく変わります。汗や油による顔のテカりも、あぶらとり紙でこまめに取るようにしましょう。

眼鏡をかけているなら、レンズの汚れもマイナスポイントです。

清潔感は、心がけ次第で簡単に手に入れることができます。異性にモテるためにも、できるだけ気をつけるようにしましょう。

常に相手を気遣いましょう

男性、女性のどちらにも共通することですが、気遣いのできる人はモテます。

女性が重い荷物を持っている時に、さりげなく手伝ってあげたり。

男性が疲れていそうな時に「お茶を入れましょうか?」等と声をかけてあげたり。

ごくごく小さな気遣いが、人間としての魅力を醸し出し、モテに繋がるのです。

太り過ぎは良くありません

ビール腹でお腹がぽっこり。二の腕の皮がたるんでいてブヨブヨ……。

太っていてもモテる人はいますが、大勢から好かれたいのであれば、体型には気をつけたほうが良いでしょう。何故なら、太っているのは食べ過ぎ・飲み過ぎ等が原因で、自分に甘く、自己管理ができない人だからと判断されてしまうためです。

もちろん、病気や職業的な理由で太っている人もいます。ですが、そういった特別な事情がないのであれば、標準体型を保つように努力しましょう。肥満体型は、モテにくくなるだけでなく、健康にも良くありません。

ただし、無理な食事制限やダイエットはオススメできません。揚げ物を控える、夜は食べる量を減らす、野菜はできるだけ生で食べる、栄養バランスを考えて食事を摂る、毎日三十分ほど歩く等でも、何もしないより断然モテ体型に近付けます。

太り過ぎているかな、という自覚のある方は、日常生活を一度見直してみましょう。

健康的な肉体を保ちましょう

動物は、本能的に見目麗しく健康で、丈夫そうなパートナーを選ぼうとします。これは、より良い子孫を残すためです。

それは人間にも言えることで、男性が女性の胸に目が行ってしまったり、女性が男性のたくましい筋肉に惹かれるのは、生物としての本能が「良いパートナーを探せ」と訴えてくるからなのです。
先に述べた「太り過ぎが良くない」とされるのは、不健康に見える人に対し、本能がダメ出しをしているから。つまり、健康的な肉体であれば、モテやすさに直結するわけです。

男性であれば、スポーツやトレーニングで肉体を引き締めることで、女性の目を引き付けることができるでしょう。しっかりと筋肉が付き、たくましい身体は注目の的になること請け合いです。

女性なら、すらりとした足に腰のくびれ、出るべきところが出て、引っ込むべきところが引っ込んでいる体型が望ましいです。ストレッチやウォーキング等でインナーマッスルを鍛えれば、筋肉質になることなく、女性らしい丸みを帯びた美しい身体作りができるでしょう。

健康な身体を作るためには、それなりの努力が必要です。しかし、モテるだけでなく長寿や若々しさを保てると考えれば一石二鳥。最初は大変でも、結果的に得ができるのです。

まとめ

いかがでしたか?

異性にモテるためのコツについて、ご理解いただけましたでしょうか?