普段運動を行った後、もしくは運動をした次の日に筋肉痛がつらく感じてしまうことはないでしょうか。

激しく運動をした後には、体の節々が痛くなりますよね。

筋肉痛になるほど運動を頑張ったといことで、やり切った感を持つ人もいるかもしれませんが、極力筋肉痛になりたくないという人もいます。

一度筋肉痛になると、なかなか体を動かしづらいこともあり大変です。

そこで、今回は筋肉痛を予防することはできるのかを確認していきます。

筋肉痛の予防はできる

筋肉痛は、予防することが可能です。

日頃から筋肉を使う運動をしない人が、いきなり運動をすると筋肉を使いすぎることになり、筋肉が傷ついていきます。

そして、筋肉が傷ついた筋肉を治そうと体の中で刺激物が発生するのです。

この刺激物の発生が、筋肉痛として痛みを感じる原因と言われています。

具体的な筋肉痛の予防方法

では、具体的に筋肉痛をどうすれば予防できるのか次の2点をご紹介します。

・ウォーミングアップをしっかりと行う
・栄養素を摂取する

ウォーミングアップをしっかりと行う

運動をする前にウォーミングアップを行うことで、筋肉を伸ばすことができます。

しっかりと筋肉を伸ばすことで、運動をしても筋肉を傷める可能性を低くすることができるのです。

また、ウォーミングアップと同時に運動後のストレッチも必要とされていますが、運動後も必要な理由としては、いきなり運動後に体を休めてしまうと体の中の血の巡りが悪くなり、このことが筋肉痛を引き起こすと言われているからです。

また、運動後に行うストレッチに加え、筋肉を冷やすことも効果的です。

運動を行うことによって、筋肉は熱を持ちます。

そこで、運動をした後に冷やすことも重要です。

栄養素を摂取する

また、日頃の運動に加えて食生活に気を使うことも大事です。

運動前に食べると効果的と言われている栄養素は、筋肉を回復してくれるタンパク質です。

また、筋肉を強くするのにミネラルを取ることもオススメされています。

運動を行うと、特に夏場などには大量に汗をかく人も多いでしょう。

沢山汗を書くことで、体の中のミネラルが沢山抜けてしまうことにも繋がります。

夏でなくても、汗をかいた場合には忘れずにしっかりと水分補給を行いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

筋肉痛は運動をしたらなるものだと考えていた方も多いかもしれません。

確かに、筋肉痛は誰しもなったことがあるものなので、当たり前のように感じてしまうことも多いです。

しかし、正しい知識に基づいて、食生活やストレッチを正しく行うことで筋肉痛も予防、もしくは軽減することが可能となっているのです。

普段から運動の後に激しい筋肉痛に悩まされている方は、筋肉痛で運動後の日常生活で支障をきたしてしまっているかたもいるかもしれません。

しかし、せっかく頑張った運動が、他の事柄に支障をきたしてしまうなんて元も子もありませんよね。

そのような方こそ、普段の食生活から見直してみて、運動後に筋肉痛があまり感じることのないように習慣を見直すよう心掛けてみましょう!